患者様の歯を残す治療

患者様の歯を残す治療

『歯を抜かない、神経を取らない、虫歯を削らない』治療

歯を抜かない

私たちは、患者様自身の歯を残すことに全力をつくします。
現状の歯科医療では、まだ歯として機能できる歯にもかかわらず、手を尽くさず抜くことがあります。歯を残すこと自体が歯科医師サイドにリスクと手間がかかるからです。

簡単に歯がなくなれば、すぐ次の治療(入れ歯やブリッジなど)に移行でき、患者様の痛みの心配もなくなります。
ただ、自分の歯に勝る治療物はありません、1つも。

だから時間と労力をかけても患者様の歯を積極的に守ります。

神経をとらない

神経をとらない

歯の神経を取ると、しみる感覚や虫歯の痛みが無くなります。同時に歯の中への血流もなくなります。つまり歯に栄養がいかなくなり、歯は脆くなります。また神経の治療は虫歯の治療とは異なり、盲目的な部分が多く、根っこの形態も様々で完璧な治療は難しく、困難なものです。そのうえ治療成果が個人の免疫力にも依存し、100点の治療をしても再発するケースも少なくありません。

つまり神経は取らないのが一番です。大きな虫歯でも神経全体に細菌感染していなければ、神経を保存する方法はいろいろあります。
(3Mix-MP法、4META、ドッグセメントなど)

虫歯を削らない

虫歯にはすぐ削って治療せず、様子を見て良い状態があります。つまりリスクの少ない状態の虫歯は削らなくていいのです。
初期の虫歯であれば フッ素塗布とブラッシング ただそれだけで自然に治癒します。また年配の方に多い慢性の虫歯では進行が止まって治療を必要としない虫歯があります。前文でも話した通り自分の歯に勝るものはありません。それは、どんな最新の材料よりも。
削って人工物を入れるより、元の状態が一番です。


当院ではこの3つのこと患者様にしっかりと説明させて頂き実践しております。


全身のための歯科的予防

歯の予防だけではなく、全身のための歯科的予防を当院は推奨、実践していきます。

歯の予防と全身の健康

歯の健康を守る上で最も重要なこと、それは予防です。
定期的に検診を行うことで早期発見、早期治療が出来ます。継続的に健全な口腔環境を私たちと患者さまで構築していくことで、歯のみならず全身の健康を維持することが出来ます。

その証拠に、考えてみてください。
口元の素敵な人は、みなさん元気ですよね。
人は生きるためにエネルギー(栄養)の摂取を行います。そのスタートとなる口は非常に重要な器官です。しかし歯の状態が悪ければ、かみ合わせが崩れていき、硬いものや弾力のあるものを咬むことが難しくなります。また噛む筋肉の負担に偏りが出て、口元の形がくずれ、顔つきまでも変化していきます。そして咬む筋肉は、他の周囲の筋肉とも連動しているので、肩コリや姿勢を悪くする原因にもなります。

歯周病と全身疾患

また最近になって盛んに歯周病が全身疾患との関係性が強くあることがいわれるようになりました。歯周病は口の中の細菌と歯石(食べカスが固まったもの)が原因です。
しかし今までの歯科医療では歯石のみ除去するだけで、細菌に対する治療がほとんどなされていません。

当院では歯石除去と併せて、細菌に対して歯周内科、イリゲーション(歯周ポケットの薬液の洗浄)を行い歯周病の進行をとめます。
現在、悪性腫瘍以外の死因上位はほぼすべて歯周病菌が関与します。
(高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、誤嚥性肺炎、血栓症など)
その為昨今、歯周病の治療の重要性が非常に高くなりました。

私たちはこれらの事をふまえ、歯と歯茎の治療を行い、患者様の歯と身体の健康を守ります。





ページのトップへ